糖質制限で痩せるには? 前編

皆様こんにちは!名東区一社パーソナルトレーニングジム GrootopのNoritoです!

皆さんは糖質制限ダイエットというダイエット方法を聞いたことがありますか?

わたくしNoritoも何回か取り組んだ事があり、短期間で痩せる事ができております。

短期間で痩せる事が可能なダイエット方法ですが、なんとなく取り組んでしまうと痩せるどころか、健康を害してしまうリスクもあります(ダイエット全般に言える事です)!

そこで今回は糖質制限で痩せる方法を紹介致します。
前編では糖質制限の定義や糖質制限のメリットを紹介致します。

糖質制限とは?

その名前の通り糖質を食べる事を抑える(カットする)ダイエット方法です。

単に糖質制限と言っても、ローカーボダイエットやケトジェニックダイエットなどいくつか種類はあり、それぞれ制限する糖質の量も変わってきます。

例えばケトジェニックダイエットの場合は糖質を食べる量を極力0にし、脂質とタンパク質を多く摂取するようにします。PFCの割合バランスで表すと、タンパク質が3割・脂質が6割・炭水化物が1割のP3、F6、C1という割合です。

普段、私たちの身体は炭水化物を食べ、ブドウ糖をエネルギー源として動いていますが、ケトジェニックダイエットのように中タンパク質、高脂質、低糖質の食事を続けると身体はブドウ糖をエネルギー源ではなく、脂肪と脂肪の代謝産物であるケトン体をエネルギー源として使うようになります。

この状態までこれば脂肪を効率よく燃やせるようになり、短期間で痩せる事が可能です!

この脂肪を効率よく燃やせる状態をケトーシスといい、炭水化物エネルギー源主体の身体から、脂質エネルギー源主体のケトーシスになる事が糖質制限の最大の目的です。

糖質制限のメリット

1. 食事量の制限が優しい

糖質制限の場合、カロリーを制限するダイエットとは痩せるメカニズムが違ってきます。よって、糖質の摂取する量に気をつけてさえいれば、食事の量やカロリーをそれほど神経質に気にする必要はありません。

ただし、糖質さえ抜けば無制限にドカ食いができるというわけではありません!たとえ糖質を抜いていても度を越えて食べると当然脂肪として身体に蓄積はされるのでそこは要注意です!

カロリーを制限するダイエットに比べて糖質制限は食事の制限が緩く、厳密なカロリー計算も不要になる為、細かく計算をするのが苦手な人は取り組みやすいダイエットです!

2. 空腹感が控えめ

ケトジェニックダイエットの場合は脂質の摂取量が総カロリーの約6割を占めます。ステーキなど脂の多い食べ物は消化に時間がかかる為、長く身体に留まる傾向があります。ある研究ではステーキを食べた後、完全に胃からステーキがなくなったのに12時間かかったという論文もあります。

ちなみに消化が一番早い食べ物は炭水化物で胃で消化されるのに2~3時間程といわれています。

また、糖質制限をすると血糖値の上下が緩やかになるため、血糖値の急激な低下による空腹感に悩まされる事が少なくなります。また、タンパク質と脂肪はこまめにしっかり摂取できるので、食事の満足度が高い傾向にあります。

3. 食材の選択肢が多い

食材選びの基本は糖質さえ控えれば良いため、比較的食材の選択肢が多いのも特徴です。

お肉の場合、脂質制限をする場合は赤身肉や皮取り鶏胸肉やささみといった選択肢が中心になってきますが、糖質制限の場合は基本的にどのお肉でも選択できるようになります。

また、最近ではコンビニも糖質制限に力を入れている商品が多いため、昔に比べて気軽にコンビニで買える糖質制限商品が増えてきております。例えばブランパン、ロカボパン、低糖質パンと印字されたパッケージのパンが増えたと思います。パンだけでもこんなにラインナップがあるんですね!

前編はここまで!
後編は糖質制限のデメリットや注意点を紹介致します。

パーソナルトレーニングジムGrootopの体験は
以下のリンクから👇

皆様の明るい未来創りのお手伝いが出来ますこと
心より楽しみにお待ちしております!

オープン記念!4大特典
キャンペーン開催中!