トレーニングにおススメのシューズとは?

皆様こんにちは!名東区一社パーソナルトレーニングジム GrootopのNoritoです!

いきなりですが
皆さんは筋トレをする時にどんなシューズを履いていますか?

ランニング目的の人、ウエイトトレーニング目的の人、スタジオでダンス目的の人など、ジムでのトレーニング内容によって選ぶべきシューズは変わってきます。

そこで今回はパーソナルジムへ行って筋トレをするという人におススメのシューズとその選び方を紹介致します。

トレーニングシューズ選びポイント

1. 滑りにくい

ウエイトトレーニングをする上でとても大事なポイントがあります。それは「正しいフォームで、鍛えたい筋肉の部位に効果的に刺激を与える」という事です。

ベンチプレスをする時、スクワットをする時などトレーニングにおいて、地面に足を付けておこなう種目はかなり多いです。そうなると地面での足の踏ん張りが大切になってきます。

いざ、トレーニングで追い込んだ終盤で靴が滑っていては、安定性が低く、地面を捉えにくく、身体の軸がブレてしまい、鍛えたい部位へ刺激を与える行為から、滑る足を転ばないようにする方へ運動が転換してしまいます。また、最悪のケースはバランスを崩して怪我をしてしまうというリスクもあります。

逆に言えばグリップ力の高い滑りにくい靴は、安定性が高く、地面を捉えやすい為、高重量のウエイトを使用する時でもしっかりと踏ん張ることができ、体の軸を安定させてトレーニングをする事ができます。

2. 靴底が薄くて、平たい

こちらも大事なポイントになります。前述の通り、トレーニングでは踏ん張るシチュエーションが多く、足裏で地面をしっかりと捉える事が、正しいフォームで効果的に刺激を与えることに繋がってきます。

靴底が薄くてフラットな靴は、足裏全面で地面に力を均等に伝える事ができ安定感抜群です!また、トレーニングのレベルが上がり、扱う負荷が上がってきた際に、靴底に厚いクッションがあると力を入れて踏ん張った際に変形をしてしまい安定性を損ねる可能性があります。

これらを踏まえると、クッション性が高いランニングシューズなどはウエイトトレーニングには変形の可能性がある為、不向きです。靴底が変形した靴を履いて高負荷を掛けると足首を痛めるリスクもありますのでやめましょう。

3. 持ち運び楽

滑りにくくて、靴底が硬いトレーニングをシューズを探すと条件に当てはまるものはレスリングシューズやウエイトトレーニングシューズといった専門性の高い、硬くて丈夫で重い靴が多くヒットしてきます。

トレーニングに適して、物は大変良いのですが、重いものだと片足で700g近くになってきて、パーソナルジムへ持ち運ぶには不向きになってきます。女性だと靴だけで1.5キロ近くあれば軽い筋トレになってしまいますよね!

またこの手のレスリングシューズなどは大きさもジャンボリーな傾向にあります。かさばってしまって持ち運びが大変になる可能性があります。なるべく軽くてコンパクトな靴を選びたいです。

4. コスパが良い

コスパも大事ですよね!

一生懸命トレーニングをする人は身体から汗というダイアモンドが流れ出てきます。足の裏やつま先は、身体の中でも汗をかきやすく、1日に両足でコップ1杯分(約200mL)もの汗をかくと言われています。もちろんパーソナルジムで頑張るあなたはもっと大量の汗をかいております。

もう靴が臭くなるのは避けられません!いいんです!頑張った証拠です!そんな時に諦めがつかないような値段の靴を履いていては、靴が気になって思いっきりトレーニングができません!

香ばしくなったらポイする!ぐらい気軽に履けるトレーニングシューズがおすすめです!

Grootopの激推しシューズ

結論から先に言います。
私はこれ一択です。
「ワークマン 建さん作業靴Ⅱ」です!

Norito

色々試しましたがこれが最強です!

僕はかれこれ10年以上愛用しております!!

建さんの最強ポイント

ポイント① 絶対に滑らない靴裏

見てくださいこの裏側!

建築現場で大工さんが単管の上を歩いても滑らないような設計になっております。
私はこの10年以上建さんを履いていて滑ったことが一度もありません!

また、もう一つ素晴らしい点が、ゴムが全然擦り減らなくて、グリップ力が超長持ちな点です。
妊婦さんにもおススメのグリップ力です!

ポイント② 軽い!コンパクト!

見てくださいこの軽さ!余分なパーツがないので無駄のない重量です。

もちろん世の中にはもっと軽いランニングシューズがありますが、あの滑らないゴツイ裏面でこの重量なら余裕で合格点です!そして、このコンパクトな折れ具合も高得点です!カバンに潰して入れる事も可能ですね!

ポイント③ 薄くてぺったんこ!

外で履くと地面の温度が伝わってくるぐらい薄いのに、強度がしっかりしており、ワークマンの技術の高さが分かります。

また、つま先からかかとまで落差無しのぺったんこ仕様で、思いっきり踏ん張っても足裏全体で地面を捉える事ができ、安定感が段違いです!

ポイント④ コスパが神!

税込で680円です。

初めてワークマンに行ったときにタグの付け間違いかと疑いました。しかし税込みで680円でした。こんなに安いなら、すぐ壊れるのかと思って、それでもこの安さなら壊れても気軽に捨てようと思って、お試し感覚で買ってあれから10年・・・。

全然壊れてくれなくて、僕はまだ2代目なのです。2代目ですがGrootop開業の際に心機一転買った為、2代目を履いているだけで、1代目は壊れていないので健在なのです!このコスパは圧倒的!!

唯一のデメリット?

それは明らかに女性受けの悪い、黄色の「建さん」というタグの主張です。

これを、渋いと取るか、ダサいと取るかはあなた次第。
建という名前の人は名入れ靴が680円とポジティブに考えましょう。

まとめ

ウエイトトレーニングをするなら滑らなくて平らな靴がおすすめ!パーソナルジムへ持ち運びが発生するなら軽い靴も検討をしてみてください。Grootopの一押しは税込680円で機能ばっちりのワークマンの建さんです!機能的でモチベーションの上がる靴を履いて、今日も全力トレーニングだ!

建さんを履いているトレーナーの指導が受けれる
パーソナルトレーニングジムGrootopの体験は
以下のリンクから👇

皆様の明るい未来創りのお手伝いが出来ますこと
心より楽しみにお待ちしております!

オープン記念!4大特典
キャンペーン開催中!